休診日:日曜・祝日

     水曜日と土曜日は午前のみです

京都市北区西賀茂榿ノ木町31−2
院長 諸岡 憲(もろおか けん)
  1. 感染症について

感染症について

現在流行している病気(感染症)について

現在、流行している感染症についての情報は、下記のリンクを参照して下さい。

 

(1)京都の感染症発生動向調査
京都市衛生公害研究所から発表されている情報で、京都市内での感染症の流行状況をある程度知ることができます(信頼度50%)。

 

(2)市立長浜病院 小児科ニュース
滋賀県長浜市立病院のホームページの一部で、滋賀県湖北地方における感染症の流行状況を正確かつ詳細に知ることが出来ます(信頼度80〜100%

 

1)は、京都市衛生公害研究所から発表されている情報で、京都市内での感染症の流行状況をある程度知ることができます(信頼度50%)。

2)は、滋賀県長浜市立病院のホームページの一部で、滋賀県湖北地方における感染症の流行状況を正確かつ詳細に知ることが出来ます(信頼度80〜100%)

 

(1)の信頼度は50%程度です。何故この様な低い評価をしたかと言いますと、情報源は小児科だけでなく、内科、耳鼻科、眼科等の各科からの病名報告(しかも、確定診断の付いていない、正確性の乏しい暫定的な病名)を基にしており、それを医学的に咀嚼することなく事務官が単に集計しているに過ぎません。

また、言うまでもなく、病気(病名)についての解説は全くなく、従って、一般の人がご覧になっても、その病名がどういう病気なのか全く分かりません(「溶連菌感染症ってなあに?」と言った具合に)。

これに対して、(2)の信頼度は80〜100%です。確かに、滋賀県湖北地方の情報と京都市のそれとでは、地域的違いがあるとは思います。

しかしながら、その違いは概ね無視できる程度のごく僅かであり、数週間前後の時間的誤差のみと言って差し支え有りません(流行が京都の方が早かったり、またその逆の場合もあります)。

しかも、各々の病気についての詳しい解説(予防法や対処法についての記載もあります)が小児科専門医によってなされていますので、一般の方がご覧になっても大変参考になるのです。

 

さらには、季節によって流行する病気(例えば春秋の気管支喘息など)についての易しい解説などもあり、大変役立ちます。当院としては、こちらを定期的にご覧になることを是非お勧めします